よくわかる出産後のお祝い行事 3 出生届け

出生届けとは

命名後、誕生14日以内に届けを提出します。

赤ちゃんが生まれたことを役所に届けること。病産院でもらう出生証明書を、
本籍地または住民登録している市区町村、赤ちゃんの出生地の役所の戸籍課に
提出します。提出期限は誕生後14日以内で、名前も記入しなければいけないので、
それまでに赤ちゃんの名前を決めます。

14日までに出せないときは?

14日をすぎても、受付されないことはありませんが手続きが面倒に。

出生届は本来、「人間が出生しました」という事実を報告するためのものですから、
14日をすぎても、受付されないことはありません。かならず受付はされます。
ただし、あまりに日数が経ってしまうと期間経過通知という書類を書かされ、
遅れた理由を簡易裁判所で審査されることになります。
また、14日の期間内に出生届の子の名前の欄を空白のまま出し、14日を過ぎてから
名前だけ書き入れる、いわゆる追完(ついかん)手続という方法もあります。
ただ、安易につかうと、戸籍のなかにそのいきさつを書きこまれ、
「名は未定」などと書かれることもあるそうです。

参考文献「こんなときどうする 儀式110番」(伊勢丹広報室編)