出産祝いのお返し マナー まとめ

出産内祝い

出産内祝いのマナーについて

出産祝いをいただいたけれど、お返しはどうしたらよいの?のしは必要?時期はいつがよいの?金額の相場はどのくらい?とお悩みの方のために、出産内祝(出産祝いのお返し)のマナーについて説明しております。是非ご参考になさってください。

出産内祝いの一般的な考え方

出産内祝いとは

もともと出産内祝は、赤ちゃんが生まれたことを親戚などの親しい人たちにお披露目する「内々のお祝い」が由来とされています。「幸せのおすそわけ」という意味だったようです。家へお招きしてお披露目の宴を開いたりしていました。現在の出産内祝は、核家族化などの影響で、出産祝いへのお返しとして品物を贈ることが一般的となってきました。

もちろん本来の内祝の意味合いから、お祝いをいただいていない方へも、(会社などでお世話なっている方や、ご近所さんなどへ)「これからもこの子ともどもよろしくお願いします。」という気持ちを込めまして、内祝の品物を贈っても素敵です。
最近では、カジュアルなお祝いパーティーを開く方も増えています。お客様のお帰りの際に、プチギフトにのしをつけてお礼としてお渡しなさると、記念になるかと思います。

出産祝いのお返し マナー まとめ

(※こちらのページでは、「出産内祝」=「出産祝いのお返し」としてご案内しております。)

出産内祝いは必要?

「出産内祝いは不要なのでは?」とお考えになる方もいらっしゃるようですが、「お返しをもらえなかった・・・。」などと思われてしまうと、次にお会いした時などに、気まずくなってしまいます。お返しをもらって怒る方はあまりいないでしょうから、迷っていらっしゃるようでしたら是非お返しなさることをおすすめいたします。

大変でも出産祝いのお返しは必要です。

出産祝いのお返しの金額の相場

いただいた出産祝いの2分の1(半返し)が相場のようです。あまり安すぎても高すぎてもよい印象を受けないので、先様に合わせてご予算をお決めください。

※例えば、5,000円くらいの出産祝いへは2,500円前後のお返しが一般的です。

また、目上の方(上司や恩師、年配の方など)へのお返しは3分の1位が目安です。
(目上の方への出産祝いのお返しには、商品券は失礼と感じる方もいらっしゃるようで、避けた方が無難かもしれません。「金額が分かりすぎてしまう。」「生計を気にされてしまった感じがする。」「素っ気無い。」などが理由のようです。)

出産祝いのお返しにおすすめの品物

タオル・石鹸などの日用品やお茶やクッキーなどの日持ちする食品が主流のようです。内祝ですので、パッケージがおしゃれでしたり、華やかな印象の商品ですと、お贈りする側としましても選んでいて楽しいです。
好き嫌いが分かれず、先様のご負担にならないさりげないものが好まれております。

出産祝いのお返しにはお菓子などがおすすめです。

会社などから連名でお祝いをいただいた場合には、皆さんで分けて食べられるお菓子やコーヒー・紅茶などがおすすめです。小分け包装になっていると配りやすくて便利です。

当店でおすすめの出産祝いのお返しの品物

カタログギフトも人気です。

カタログギフトは当店でも常に上位人気のお品物です。
表紙もカワイイものが揃っておりますので、お祝い品としては外せない人気のお返し物です。出産前後は体調も大変な時期ですし、赤ちゃんのお世話が忙しくてゆっくりお品物を選ぶお時間もなかったりします。カタログギフトでしたら先様によって品物を選ばなくて済むという点でも便利です。

出産祝い お返しの時期

お祝いをいただいた場合には、すぐにお電話やお手紙でお礼をお伝えします。 その後、出産祝いのお返しを郵送する時期としましては、お宮参りが終わった頃、出産後30日前後が一般的なようです。
出産後はお忙しかったりするので、お生まれになる前にお時間がありましたら、内祝のお品物や購入する予定のお店をおおまかに選んでおかれますと安心です。

出産内祝はお早めにご用意しておきましょう

お返しのポイント

里帰りなどをしていると、自宅にお祝いが届いていたり、実家に届いていたり、ということがあります。お返しの贈り漏れのないように、いただいたお品物や、先様の住所のリストなどを作成なさると便利です。

内祝に添えるメッセージカード

出産祝いのお返しを郵送する際には、お礼の言葉と、お子様の名前と写真を加えたメッセージカードを添えて贈ります。普段なかなかお会いできない方などへも、お子様のお披露目をするのによい機会となります。

当店では、お品物とご一緒に贈る「挨拶状」や「メッセージカード」の作成を無料で承っております。

出産内祝に添えるカードのイメージ写真です

出産内祝い の よくある質問

Q.両親や義父母への出産祝いのお返しはどうしたらよいの?

A.親しい身内への内祝は、必ずしも半返し(贈られた品物の2分の1)の金額でなくても大丈夫です。両家を家に招待してお披露目会を開いたり、ホテルやレストランに集まってご馳走なさったりするのも素敵です。

お忙しかったり、両親が遠方だったりという場合には、カタログギフトもおすすめです。お受け取る方も負担に感じにくく、選ぶのが楽しい、といったメリットがあるようです。

両親への出産内祝はカタログギフトもおすすめです。

Q.出産内祝い は、どこで買うのがよいの?

A.産前産後は、体調も不安定なこともございますし、お店に行っていろいろと選ぶと予想以上に疲れてしまったりするようです。インターネットショップでしたら、ご自宅でゆっくりとお品物を選んでいただけますのでおすすめです。ショップによりましては、送料やのしがけの無料サービスもございます。

出産内祝はインターネットが便利です。

※当店では、1ヶ所へのお届けが10,800円以上の場合は送料無料とさせていただいております。またご注文の商品に、のしや挨拶状も無料でお付けいたします。よろしければぜひご利用ください。

まとめ

出産後で、お母さんご自身大変な時期ではございますが、今後のよりよいお付き合いにつながるような素敵な内祝となりますとよろしいかと思います。

お返しギフト専門店 東京ユーキは出産内祝やご挨拶まわりにぴったりの品物が見つかりますよう、スタッフ一同心を込めて対応させていただきます。 「出産内祝はどこで買おうかしら?」とお悩みの方、内祝の専門店にお任せ下さい!

その他、「忙しいし、すべてプロに任せたい!」「のしや送料のことなどもざっくばらんに知りたい!」 など、いろいろとお悩みの方はぜひ当店にご相談ください。(こちらから勧誘のお電話などを差し上げることは一切ございません。お気軽にどうぞ。

このページのトップに戻る△